HOME > 概要 > 沿革
沿革

沿革

年月日摘要
昭和41年2月4日 厚生事業団設立決定
昭和42年1月30日 社会福祉法人設立認可申請書提出
昭和42年3月1日 事務所を県民生部厚生世話課内に設置
昭和42年3月11日 社会福祉法人岐阜県厚生事業団設立認可
昭和42年3月18日 設立登記
昭和42年4月1日 白鳩学園、向山学園の運営を受託
昭和43年4月1日 寿楽苑の運営を受託
昭和44年4月1日 清流園の運営を受託
昭和46年4月1日 はなの木学園の運営を受託
昭和48年4月1日 事務所を岐阜総合庁舎内に移転
第二向山学園、寿楽苑分苑の運営を受託
昭和50年4月1日 第三向山学園の運営を受託
昭和51年4月1日 陽光園、後保護指導所の運営を受託
昭和52年4月1日 事務所をひまわりの丘内に移転
向山学園、第二向山学園、第三向山学園をひまわりの丘第一、第三、第四学園に再編
新設のひまわりの丘第二学園の運営を受託
みどり学園の運営を受託
昭和53年3月28日 みどり学園廃止
昭和53年7月15日 事務所を岐阜総合庁舎内に移転
昭和54年4月1日 寿楽苑分苑が飛騨寿楽苑に名称変更
白鳩学園が恵那市に新築移転
昭和55年4月1日 事務所を福祉・農業会館内に移転
昭和56年4月1日 三光園、みどり荘の運営を受託
昭和57年4月1日 はなの木学園がはなの木苑に名称変更
昭和58年4月1日 幸報苑、乳児院の運営を受託
昭和59年3月23日 後保護指導所廃止
平成元年10月1日 ひまわりの丘第一学園改築
平成 3年4月1日 サニーヒルズみずなみの運営を受託
平成 5年4月1日 岐阜県福祉事業団に名称変更
平成 6年4月1日 寿楽苑を岐阜市中に新築移転
介護実習・普及センターの運営を受託
平成12年3月27日 「経営改革」着手宣言
平成12年10月1日 飛騨寿楽苑全面改築
平成13年3月23日 「経営改革」実施宣言
平成13年3月31日 乳児院廃止
平成13年4月1日 はなの木苑全面改築
平成14年4月1日 「経営改革」開始
第二清流園の運営を受託
平成16年6月1日 「グループ管理制」実施
平成16年9月1日 知的障害者グループホームを開設
平成17年4月1日 福祉総合相談センター設置
平成18年4月1日 指定管理者制度開始(23年3月31日まで)
平成20年4月1日 3施設が障害者自立支援法に基づく新体系に移行(はなの木苑、ひまわりの丘第二学園、同第三学園)
障害者地域支援・研修センター設置(本部事務局)
障害者就労・生活支援センター設置(ひまわりの丘センター)
平成20年10月1日 発達障害児療育地域支援センター設置(はなの木苑)
平成21年4月1日 2施設が新体系に移行(みどり荘、ひまわりの丘第四学園)
障害者生産活動センターの設置(ひまわりの丘)
総合相談センターに課制を導入(岐阜地域企画研修課・相談支援課)
飛騨寿楽苑に飛騨地域企画研修課を設置
平成21年10月1日 発達障害児療育地域支援センター設置(ひまわりの丘第一学園)
平成21年12月22日 岐阜県地域生活定着支援センター事業の受託(福祉総合相談センター内に事務所設置)
平成22年4月1日 事業団立清流園、清流の里を開設
4施設が新体系に移行(三光園、幸報苑、サニーヒルズみずなみ、清流園)
平成23年4月1日 陽光園が新体系に移行
平成24年3月20日 飛騨寿楽苑がグループホーム「輪」開所
平成24年4月1日

ひまわりの丘第三学園がグループホーム「はるさと」開所

平成26年6月1日

ひまわりの丘第四学園がグループホーム「クローバー」開設

平成29年4月1日

事業団立ひまわりの丘(いこい棟)を開設

 

岐阜
中濃
東濃
飛騨