HOME > 概要 > 理事長あいさつ
理事長あいさつ

 岐阜県福祉事業団のホームページに、ようこそいらっしゃいました。理事長写真 .jpg

 平成29年度より当法人の理事長に就任しました、宗宮康浩と申します。どうぞよろしくお願いします。 

 当事業団は、昭和42年3月に岐阜県が90%を出損した社会福祉法人として設立され、長年にわたって県立社会福祉施設の受託運営を担ってきました。

 平成18年4月から県立15施設の指定管理者として指定を受け、第一期指定管理期間の5年、平成23年4月からの第二期指定管理期間5年を経て、現在、第三期指定管理者として平成32年3月までの指定管理業務を担っているところであります。

 その間に、平成22年に受託運営施設であった岐阜県立清流園を事業団立の多機能型福祉サービス事業所清流園として設立しました。岐阜県立ひまわりの丘においては、第三学園、第四学園の建物老朽化に伴い、ひまわりの丘再整備事業として事業団立施設の建設を進めているところであり、平成29年にはひまわりの丘いこい棟を開設しました。今後も引き続き、ひまわりの丘再整備事業を進め、平成34年度の事業完了を目指しております。 

 平成29年度には、法人設立50周年を迎えましたが、法人設立からの半世紀にわたる社会情勢に目を向けてみると、少子高齢化の著しい進展や国民の価値観の多様化、社会経済環境の大きな変化などがあげられ、福祉を取り巻く環境も大きく変化しております。平成29年4月には改正社会福祉法が全面施行され、社会福祉法人の在り方が根本から見直される中、当事業団としても、経営組織体制の見直し、事業運営の透明性の向上、財務規律の強化を行うことで、健全な事業運営に一層注力することが求められております。

 当事業団としましては、公的な性格を有する社会福祉法人としての責任を認識しながら、時代の要請に応じた事業団としての使命を絶えず検証し、利用者の意向を尊重した総合的な福祉サービスが提供できるよう創意工夫してまいりますとともに、利用者が自立した日常生活を地域社会において営むことが出来るよう、引き続き社会福祉法人として社会福祉事業に邁進してまいりますので、県民の皆様の一層のご理解とご支援をお願い申し上げます。

 

平成29年4月                                                 社会福祉法人 岐阜県福祉事業団

                                                                         理事長 宗宮 康浩

岐阜
中濃
東濃
飛騨