HOME > 概要 > 基本方針
基本方針

岐阜県福祉事業団の経営基本方針です。これは岐阜県福祉事業団の憲法のような存在であり、この経営基本方針を基にさまざまな活動、取り組みを行っています。  社会福祉の環境は大きく変わりつつあります。そして岐阜県福祉事業団も大きく変わろうとしています。それは今まで以上に利用者本位のサービス提供、そのサービス水準を高めていく必要があるということです。  岐阜県福祉事業団の経営基本方針には、そのような決意が込められています。

経営基本方針

  • サービスの提供にあたっては、常に、人としての尊厳を守り、利用者お一人おひとりがその人らしく、自立した豊かな生活を送っていただけるよう支援します。
  • 利用者の皆様からの苦情相談や施設サービス評価を目的として活動していただいている「利用者の豊かな生活をめざす委員会(福祉オンブズマン)」の意見を尊重し、サービスの質の向上に努めます。
  • 地域住民・ボランティアの方々との交流や、地域社会のさまざまな活動への参加をとおして、利用者の皆様が、地域の一員として生活を送っていただける、開かれた施設をめざします。
  • 市町村・関係機関と連携して、在宅福祉サービスなどを展開し、地域の高齢者、障害者の生活を積極的に支援するとともに、地域の福祉施設・関係機関とのネットワークづくりを進め、地域福祉の向上に寄与します。
  • 長年にわたって培ってきた福祉の専門性を活かして、地域の学校の福祉教育に協力し、介護福祉士・社会福祉士などをめざす方々に介護体験や学習の場を提供するなど、福祉マンパワーの養成に貢献します。
  • 健全な事業経営を通じて良質なサービスを提供するために、常に経営の刷新に心がけ、情報を公開して透明性を確保し、県民の皆様に信頼され、選ばれる施設づくりを進めます。
岐阜
中濃
東濃
飛騨